費用も重要!家づくりの際の節約方法とは?

憧れの注文住宅!でも費用はよく考えて!

家は人生で一番大きな買い物と言う言葉がある程、家を買う為には沢山のお金が必要ですよね。現金で買える人は別として多くの人は住宅ローンを組むのが一般的ですが、ローンを組む時は一つ注意があります。一昔前の永年雇用が不確かになった現在、今後何十年を続くローン額は確実に返済出来るのかをよく考えるべきです。 ローン返済が出来ないと最悪家を手放す可能性もあるので家を購入する時は無理なく返済出来る様、家づくりの段階で節約を意識すると良いでしょう。その為には不動産屋、建築会社と家の打ち合わせをする時に、あらかじめ最終金額をはっきりと明記しておくと良いです。特に注文住宅の場合は使う材料等によって大きく費用が変わるので、金額に対してシビアになるのが大切です。

注文住宅の節約具体例!

家の代金を節約したい場合、基本的には不動産屋と建築会社が親身になって相談にのってくれます。しかし不動産屋と建築会社は商売なので、より節約したい場合は自分で提案するべきです。 例えばドアや洗面所、風呂やトイレ等は、基本的に工務店が発注します。工務店にもよりますが発注してもらった場合、発注代、納品代、輸送代が上乗せされる可能性があります。こうした組み立ての手間がないドア等の部品は、ネット等で自分で手配した物で十分代用できる為相談すると良いでしょう。そしてもう一つ、自分で出来る事は自分でするのも一つの手ですよ。庭のウッドデッキや芝生等はホームスーパー等で簡単に出来るセットがあるので、強いこだわりがない人は自分でする事で大幅に費用が減らせます。

建築デザインとはモノづくりにおいて何をどういう風に作るのか、という建物全体像を共通の認識を持つことが必要であり、それを行うことであります。