こんな家にしたい!憧れの注文住宅とは?

注文住宅の家づくりにはイメージを作り上げることが大切

注文住宅で家を作ると言う事は、自由設計であり、拘りを家に取り入れることが出来ると言った魅力が在ります。分譲住宅の場合は家の設計に関与することが出来ないため、完成している図面を見る、完成済みの住宅を見ると言った方法で、目で見たものが良いのか否かを判断して購入をすることになります。また、希望通りの施工が行われている、希望のデザインが利用されているなど、好みに合うかどうかにより購入するか否かを決める事になるわけです。 その点、注文住宅は自由設計であることからも、自分の好みの家を作ることが出来ると言う事です。 尚、どのような家にしたいのかは、イメージを作り上げることが大切で、イメージを作るためには住宅展示場などのモデルハウスの見学も大切です。

こんな風なデザインや機能を取り入れたい

人は目で何かを見る事で、自分もこうしたい、あのような空間を作りたいと言ったイメージを作り出すことが出来るようになるため、注文住宅の家づくりを始める時には出来る限り多くの物件、住宅展示場のモデルハウスの見学をしておく事がお勧めです。 また、イメージしたものを形にするためには設計図を作り上げる必要が在り、イメージを図面に取り入れるためには設計者にイメージを伝える必要が在ります。 イメージの伝え方は写真を利用するのが最適で、雑誌などの切り抜き、モデルハウスを見学した際の写真、ネットで見つけた写真などを利用する事で、こんな風な家にしたい、このような間取りにしたいと言った事を伝える事が出来、イメージを図面に描き入れ、形にすることが出来るようになります。

SE工法とは高い耐震性を実現した木造建築技術です。高い安全性を保ったまま、柱や間仕切り壁が少ない開放的な空間を作ることができます。